脱毛トラブルでよく耳にする埋没毛とは

埋没毛とは皮膚の中に毛が埋まってしまう肌トラブルのひとつです。
放置すると最後は枯れてしまい体内に吸収されて消滅しますが、色素が沈着して黒ずみになってしまったり、かゆくなってしまったりするので注意が必要です。

埋没毛を自分で処理しようとすると

一つ一つ皮膚の中から毛を取り出していくうちに、肌が荒れてしまいボロボロになってしまうこともあります。
同じ部分の毛を掘り出そうとしてまた穴を開けてしまうと、今度は更に分厚い皮で覆われてしまい、その繰り返しになった挙句、肌がボコボコになります。
さらに、何度も同じ処理を繰り返してしまうと、皮膚表面のニキビや肌荒れなどが原因となり「しこり」が発生するモトになってしまいますので、埋没毛は極力自己処理をしないほうが良いでしょう。

埋没毛が起こる原因

毛抜きやカミソリを使った自己処理は必ず埋没毛が発生します。
また、電気シェーバーでの逆剃りも原因の一つとされています。
毛抜きで毛を抜いた際に皮膚の表面に穴ができます。
その穴を身体が「傷」とみなし、防ごうとします。
すると、皮が張ります。
そして皮が張った部分にまた毛が伸びて表面に出てくることで、皮の中で毛が成長する「埋没毛」という状態が起こるのです。
穴を塞いでしまった皮からは黒い点のみが見えており、いくつも埋没毛が増えることによって、遠くから見たらブツブツした黒いものに見えるようになります。

埋没毛を回避する最善の方法はカミソリ使わない、毛抜きを使わないとなると、埋没毛を治すまで自己処理がほとんど出来ずにボーボーになってしまいます。
それでは困りますよね。それでは埋没毛にならないようにするためにはどうしたらいいでしょうか。

●脱毛クリームを使用する

 
→肌の弱い人には不向き

●脱色する

 
→毛がなくなったことにはならない

●脱毛サロンで処理をする

 
→少しお金がかかる

この3つのみとなります。
特にオススメは脱毛サロンでの処理です。
現在は両ワキ通い放題で600円などかなり低価格で提供しているエステサロンが非常に多く、料金的に特にコストが掛からないため、通い始める人も多いようです。
全国おすすめ脱毛サロンランキング
埋没毛にならず、きれいな肌に仕上がるのに、そこまでお金がかからない脱毛サロンがおすすめです。